リスボン

リスボンはポルトガルの首都。

はじめてヨーロッパ〜アフリカ〜インドと航海した探検家のヴァスコ・ダ・ガマも、日本にやってきたイエズス会の宣教師フランシスコ・ザビエルもリスボンから船に乗って旅立った。

リスボンは500年前に7つの海をまたぐ交易で栄華を極めた港町なので「七つの丘の都」と呼ばれている。

赤い屋根の家がたくさんある。

スポンサーリンク

ドン・ペドロ4世広場(ロシオ広場)

ドン・ペドロ4世広場は「リスボンのへそ」と言われている広場で、地元では「公共の広場」という意味で「ロシオ広場」と呼んでいる。

地面の石畳が波目で美しい。

かつては民衆の反乱や祝祭、公開処刑、闘牛なども行われていた場所でもある。

保存食 バカリャウ

バカリャウは15世紀からのポルトガルの大航海時代を支えた保存食。

大航海時代はまだ地球が丸いなど信じられていなかった頃、マゼランやフランシスコ・ザビエルがはるか海の彼方を目指した時代。

長く厳しい航海に耐えられたのは、保存の効くバカリャウのおかげ。

バカリャウはクリスマスなどに今でも食べられていて、水につけて一昼夜すると、プリプリの魚の切り身になる。

バカリャウを使ったレシピもたくさんある。

この記事にリンクする: